家事代行.homepage.jp HOME > 家事代行の内容

家事代行の内容

血合い・2013年3月14日

血合いとは、魚の腹と背中の間にある赤黒い部分のことをいいます。血合いは血が多く通っている部位であり、生臭さもありますが、鉄分などの栄養分が豊富に含まれているのが特徴です。

出汁

出汁とは、旨みを海藻や魚などから抽出した汁のことをいいます。出汁は鰹や昆布、煮干などから抽出されたものが多く、和食の基礎といえるでしょう。出汁は本来煮たり浸したりして抽出されるものですが、現在では便利なインスタント調味料も販売されています。


家事代行のことなら家事代行.homepage.jpまで!

筋切り

筋切りとは、肉の脂身や、脂身と赤身の境目の部分に対して、数cm間隔程度の軽い切り込みを包丁で入れることをいいます。この筋切りを行うことによって、火の通りがよくなり、火を通した際に肉が縮むのを防止することができます。

下茹で

下茹でとは、予め、アクがある食材や火が通りにくい食材などを茹でておくことをいいます。この下茹でという手法は、ゴボウや大根やなどの根菜類や肉や魚などのアクの出るもの、匂いのきついこんにゃくなど、といった食材に対して使用されます。


家事代行のことなら家事代行.homepage.jpまで!

飾り包丁

飾り包丁とは、魚や野菜について、盛り付けた際、表になる側に包丁で切り込みを入れることをいいます。飾り包丁行うことによって、料理の見た目が美しくなるのはもちろんのこと、火の通り加減や味も良くなるという効果があります。

鍋肌・2013年3月11日

鍋肌とは、鍋の内側の側面のことで、よく中華鍋で用いられます。炒めものをする場合などで最後の仕上げにゴマ油や醤油などを入れる際、それらを直接食材にかけるのではなく、鍋肌に垂らすようにして入れることによって熱が瞬時に調味料に伝わり、香ばしくなります。

振り洗い

振り洗いとは、まず食材をザルに入れて、水を張ったボウルなどの容器の中にそのザルごと入れ、軽く振って泳がすようにして洗う調理法のことをいいます。振り洗いは柔らかくつぶれやすい食材、例えば貝の剥き身などを洗う際などに用いられます。


家事代行のことなら家事代行.homepage.jpまで!

みじん切り

みじん切りとは、調理法の一種で、食材を細かく刻むように切ることをいいます。みじん切りは、ネギやニンニク、玉ねぎ、生姜などのような野菜を切る際によく用いられる手法です。

面取り

面取りとは、根菜などのような固い野菜を調理する場合において、切り口の面のカドを薄く削り取る手法のことをいいます。面取りは、煮崩れを防ぐために、野菜などを長時間煮込んだりする場合に用いられることが多いようです。


家事代行のことなら家事代行.homepage.jpまで!

湯せん

湯せんとは、お湯を鍋やボウルなどにはり、その中にさらに鍋やボウルを入れて浮かべ、食材をその中で混ぜたり溶かしたりする料理法のことをいいます。湯せんは熱すぎると溶けやすいバターやチョコレートなどを溶かす場合や、高温だと固まりやすい卵黄を練り固めたりする場合に用いられます。

更新履歴